アニメ

宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢や性格は?馴れ初めや過去の生い立ちも!

スポンサーリンク

宇随天元の三人の嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢や性格について調べてみました。

鬼滅の刃の遊郭編で登場する予定の雛鶴(ひなつる)、宇随天元との馴れ初めや過去・生い立ちも事前にチェックしておきたいですね。

 

自分以外にも嫁がいるって、納得できるのでしょうか?

そこで今回は、宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢や性格は?馴れ初めや過去の生い立ちも!をお伝え致します。

宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢とプロフイール

宇随天元の嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢とプロフィールを調べてみました。

 

宇随天元の嫁 雛鶴(ひなつる)のプロフィール

  • 名前:雛鶴(ひなつる)
  • 年齢:21歳

 

黒髪を後ろで束ねて、左目元には、泣きぼくろがあるキレイな女性。

キレイな女性だからこそ、遊郭潜入の際にも問題なく潜入できたのでしょうね。

 

他の嫁の年齢も調べてみましたが

  • 名前:まきを
  • 年齢:20歳

 

  • 名前:須磨(すま)
  • 年齢:19歳

と、雛鶴(ひなつる)が最年長の嫁

 

三人のまとめ役ということなのでしょうね。

 

スポンサーリンク

宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の性格は?

https://twitter.com/zkr_gbf/status/1327181969583575043?s=20

宇随天元の嫁の一人 雛鶴(ひなつる)の性格は、戦いを好まない優しくまじめな性格

 

宇随天元は三人の嫁の命に関して、

自分の命のことだけを考えろ 他の何を置いてもまず俺の所へ戻れ
任務遂行より命

と伝えていますが、忍として、死を受け入れる教育を受けていたまきをは、この言葉を戸惑い悩むまきをに、

 

死ぬのが嫌だって 生きていたいと思うのだって悪いことじゃないはずよ
そういう自分が嫌じゃなければそれでいいのよ

と、お姉さんらしい言葉をかけていました。

 

三人の嫁というと、いがみ合い、ドロドロした関係なんてイメージしてしまいますが、三人はとても仲良しです。

 

嫁という立場ではなく、姉妹という関係に近いのでしょうね。

雛鶴(ひなつる)は、肝の据わった一面持ち合わせています。

 

潜入先にて怪しまれたときには、自ら毒を飲み病にかかったフリをして、潜入先の京極屋からの脱出

 

見事脱出は成功し、宇随天元に鬼に関しての情報といった現状報告を告げることができました。

 

優しさもあり、任務遂行に責任が持てるしっかりとした性格ということがわかりますね。

スポンサーリンク

宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の過去の生い立ちは?

宇随天元の三人の嫁のひとり雛鶴(ひなつる)の生い立ちは、宇随家に継ぐ序列の高い家柄の娘。

 

雛鶴(ひなつる)は

上弦の鬼を倒したら一線を退いて 普通の人間として生きていきましょう
忍として育ち 奪ってしまった命がそれで戻るわけではありませんが

と伝えているため、過去に忍として、命を奪ったこともあったのでしょうね

 

忍として生い立ちがあったからこそ、宇随天元の嫁としての立場だけでなく、鬼殺隊 音柱 宇随天元の部下として、潜入や戦いの後方支援などで公私ともに支えています

 

宇随天元が柱引退後も、そのまま嫁として支えており、鬼舞辻無惨を倒したあとにも宇随天元と他の嫁たちと炭治郎たちのお見舞い。

 

過去を乗り越え、鬼舞辻無惨いない世界でも三人で暮らして行ったのだろうと想像できますね。

スポンサーリンク

宇随天元と嫁 雛鶴(ひなつる)との馴れ初めは?

宇随天元と嫁 雛鶴(ひなつる)との馴れ初めは、恋愛結婚ではなく決められた結婚です。

 

宇随天元の他の嫁も恋愛結婚ではなく、決められた結婚。

実は、宇随家では、15歳になると長が選んだ嫁を三人選び結婚します。

 

一夫多妻制ということになりますが、一族の血を絶やさないため。

 

宇随天元も一族のしきたりが通り、15歳で三人の嫁を迎えていますが、現在23歳の宇随天元。

 

ということは、結婚は宇随天元が15歳のころ

  • 雛鶴(ひなつる)は、13歳
  • まきをは、12歳
  • 須磨(すま)は11歳

 

若い嫁ですよね。

 

宇随天元は、命の順番として

  • 嫁三人
  • 堅気の人間
  • 宇随天元本人

と嫁たちを大切にしていることからも、馴れ初めは、決められた結婚ですが、愛妻家ということがわかります。

 

大切にされているからこそ、嫁たちもそれに応えているのでしょうね。

スポンサーリンク

宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)まとめ

宇随天元の三人の嫁の一人、雛鶴(ひなつる)に注目してみました。

三人の嫁の中で一番年長で、お姉さん的な存在の雛鶴(ひなつる)。

 

優しく、しっかり者というだけでなく、肝が据わっている点はさすが音柱の嫁ですね。

 

三人の嫁といっても、ギスギスした関係ではなく仲が良いのは、宇随天元が嫁を大切にしていることはもちろんですが、三人の嫁が姉妹のような関係だから。

 

宇随天元が柱を引退しても、鬼舞辻無惨を倒したあとも、四人で仲良く生活していることがしっかり描かれています。

雛鶴(ひなつる)、まきを、須磨(すま)がそれぞれの役割、そして宇随天元を支えるという気持ち、そして三人の性格を持って仲がよいのでしょうね。

 

以上、宇随天元の 嫁 雛鶴(ひなつる)の年齢や性格は?馴れ初めや過去の生い立ちも!をお伝え致しました。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-アニメ

© 2021 エンブのララLIFE Powered by AFFINGER5