アニメ

上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)兄弟の過去は?強さも調査!

スポンサーリンク

鬼滅の刃 上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)兄弟の人間だったときの過去について調べてみようと思います。

基本的には群れることのない鬼たち。

 

堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)が特別という理由が知りたいですね。

兄弟だからこその強さがあるのでしょうか。

 

そこで今回は、上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)兄弟の過去、そして強さについてお伝えします。

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟の過去や生い立ちは?

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟の過去や生い立ちを調べてみました。

鬼は、もともと人間。

 

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟ももともとは人間で、血のつながった兄弟でした。

兄 妓夫太郎は、遊郭の中でも最も劣悪な環境の生まれ。

 

人間のころは、貧困から母親に何度も殺されかけており、お腹が透いたらネズミや虫を食べ、生きながらえていました。

 

姿も声も醜く、美しい容姿が重要視されている遊郭の世界で、醜い妓夫太郎。

母親からだけでなく、周囲の人間からもひどい扱いをされていました

 

そんな生活の中生まれたのが、妹の堕姫です。

堕姫は、人間のころには「梅」という名前があり、「白梅ちゃん」と呼ばれることも。

 

梅なんて可愛い名前だなって思いますよね。

ところが、「梅」とは、亡くなった母の病名から名付けられています。

 

病名から名付けられるなんて、って思いますよね。

堕姫 人間のころの梅は、幼き頃から息をのむ美しさを持ち合わせ、醜く人々から蔑まれていた妓夫太郎にとって誇りの存在。

 

ぞんざいな扱いを受けていた妓夫太郎でしたが、妹の梅(堕姫)は懐いてくれ、妹が母親から暴力を振られる妹を守っていました。

 

妓夫太郎は、人間のころにはケンカが強かったことから、取り立ての仕事、遊郭にて呼び込みや集金をする仕事につき、妹の梅(堕姫)は遊女になり、生活が落ち着くはずが・・・。

 

なんと妹の梅(堕姫)が13歳のときに、客でもある侍の目をかんざし刺してしまい、失明させてしまったんです。

 

その報復から、妹の梅(堕姫)は生きたまま焼かれてしまいます

 

仕事から帰ってきた、妓夫太郎が焼かれてしまった妹の梅(堕姫)を見つけ、

俺から取り立てるな!何も与えなかったくせに取り立てやがるのか!許さねえ!!元に戻せ俺の妹を!!でなけりゃ神も仏もみんな殺してやる!

と泣き叫びますが、実は、妹の梅(堕姫)がかんざしで刺した理由が、兄を侮辱されたから。

 

しかも、この侍、妓夫太郎を雇っていた女将が凶暴さに耐えられず、追い払うために頼まれた刺客だったんです。

 

妓夫太郎は傷を負いながらも、女将そして侍を倒し、瀕死(ひんし)の妹の梅(堕姫)を雪が降り注ぐ中、背負い歩きますが、やがて倒れこみます。

 

兄弟で死にかけていたときに、現れたのが、上弦の鬼の童磨。

 

血をあげること、そして、

あの方に選ばれれば鬼となれる

と鬼になることを勧誘。

 

まもなく息絶えそうな妹のため、二人とも鬼となりました。

 

鬼滅の刃の鬼の背景って悲しいことが多いですが、上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟の過去・生い立ちも悲しいですね。

スポンサーリンク

上弦の陸 堕姫(だき)とは?

https://twitter.com/wT9IOiw3cPXzNv9/status/1404254745582215171?s=20

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟は二人で一人ですが、堕姫(だき)に注目してみました。

 

鬼になりながらも堕姫(だき)は、普段は遊郭にて花魁として生活。

100年近く吉原で暮らして、人間に不思議に思われないのか、と気になりますね。

 

実は、名前と顔そして店を10年ごとに変えていて、遊郭では不動のナンバーワンとして君臨。

 

容姿にこだわりが強く、不細工な人が嫌いで、気に食わないことがあると、周りにつらくあたり、キレイな女性だけを好んで食します。

 

戦うときには帯を武器に使いますが、上弦の鬼とは思えないほど弱く、音柱 宇髄天元に簡単に首を落とされてしまうんです。

 

実は、上弦の陸としての力は、妓夫太郎(ぎゅうたろう)がいてこそ

上弦の陸とは、二人で一人の鬼ということがわかりますね。

スポンサーリンク

上弦の陸 妓夫太郎(ぎゅうたろう)とは?

上弦の陸 妓夫太郎(ぎゅうたろう)とは、堕姫(だき)と違って、髪はボサボサ、血走った目、ギザギザな歯。

 

さらに体格は筋肉質ながら、猫背でガリガリ、顔や身体のあちこちには血のにじみのような痣があります。

 

普段は、堕姫(だき)の体内で眠っていて、堕姫(だき)がピンチのときに体内から分離し戦いに参加。

腕っぷしも戦略も堕姫(だき)よりも妓夫太郎(ぎゅうたろう)のほうが優っており、堕姫(だき)をフォローしながら戦います。

 

妓夫太郎(ぎゅうたろう)の血は猛毒で、柱でも死にいたるほど。

 

なんと、妓夫太郎(ぎゅうたろう)だけで、柱の宇髄天元と炭治郎二人がかりでも、圧倒していました。

上弦の陸とは、妓夫太郎(ぎゅうたろう)がいてこその強さということですね。

 

スポンサーリンク

上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の強さは?

https://twitter.com/yu_ki777_/status/1354027405178880005?s=20

上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の強さは、実の兄弟だからこそ、絆が強さ。

 

本来、鬼滅の刃に登場する鬼は、基本的にはバラバラで生活をし、群れることはありません。

 

兄弟だからこそ、深い信頼関係で結ばれており、妹の堕姫(だき)は兄 妓夫太郎(ぎゅうたろう)の戦闘能力を信頼し、信頼を失わないよう妓夫太郎(ぎゅうたろう)も戦っているです。

 

絆が強いだけでなく、上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)を倒すためには、同時に堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)の首を切り落とす必要があり、炭治郎たちは苦戦。

 

堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)は、二人合わせてこれまで22人もの柱を倒しています。

柱が22人、とても多いですよね。

 

堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)を倒すためには

  • 複数で戦う
  • 堕姫(だき)の中にいる妓夫太郎(ぎゅうたろう)の存在にいち早く気づき同時に首を切る
  • 毒に耐性がある人

 

この3つが必要で、炭治郎たちが、上弦の陸 堕姫(だき)・妓夫太郎(ぎゅうたろう)を倒せた理由は

  • 複数で戦った
  • 音柱 宇髄天元に毒の耐性があった
  • 堕姫(だき)の中にいる妓夫太郎(ぎゅうたろう)にいち早く気づいた

 

ことが大きく、柱の宇髄天元を結果引退に追い込んだことは、やはり強かったということがわかりますね。

 

スポンサーリンク

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎兄弟の過去や強さまとめ

上弦の陸 堕姫・妓夫太郎の過去を調べてみたところ、本当に仲のよかった兄弟だったということがわかりました。

兄弟の絆が強さの理由のひとつですが、兄弟の絆といえば炭治郎と禰豆子の兄弟に通じるものがありますね。

 

炭治郎と禰豆子との一番の違いは境遇。

 

少しでも境遇が良かったら、鬼になることなく、人間として生涯を遂げていただろうと、どの鬼たちよりも感じてしまいました。

ふたりの不憫さがわかり、これまで登場した鬼よりも悲しい過去がありましたね。

 

鬼の転生は描かれることはありませんが、もし堕姫・妓夫太郎が転生してもきっと兄弟だった、兄弟として生まれ変わってほしいと祈ってしまいます。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-アニメ

© 2021 エンブのララLIFE Powered by AFFINGER5